スタッフの声

 
新人スタッフの紹介
 
 古川 千恵
  2病棟に配属になった古川千恵です。入職して5か月になり患者様の名前もかなり覚え、お話をしたりケアをさせていただく中で、喜びも一緒に体験させていただくこともあり自然と笑顔になれるようになりました。
まだまだ経験不足、知識不足なこともありますが、少しでも患者様が楽しい時間を過ごしていただけるように頑張っていこうと思いますのでよろしくお願いします。
 
 中村 彩音
  病棟の暖かい雰囲気や整った教育体制に惹かれてこの病院に就職させていただきました。まわりの先輩方を見習って患者様の心に寄り添いながら一人前の看護師になれるように日々努力していきたいです。
 
 境江 ひと美
  この病院へ就職した理由は、認定看護師の資格を持つ看護師が多く活躍されていると学生の時に聞いたからです。私は皮膚・排泄ケアの認定看護師を目指し安芸市民病院へ就職しました。
 
 芥川 瑞季
  4月に就職してから患者様と接することが楽しく、また、どのスタッフにも熱心な指導をいただいて毎日充実した日々を過ごしています。最近看護師としての責任の重さを感じ、今後も勉強を続けて成長していけるよう頑張りたいと思います。

 
プリセプターからの言葉
 
  須山 俊宏 (古川千恵 担当)
  私自身、至らないところが多々あり、プリセプティと一緒に成長できていることが日々のモチベーションにもなっています。プリセプティは毎日とてもよく頑張って看護を行っています。これからもその支えになるために全力を尽くしたいと思います。
 
  德永 春香 (中村彩音 担当)
  私自身、知識も経験も未熟で不安でいっぱいですが、プリセプティの中村さんと一緒に1年間成長していきたいと思います。中村さんが入職して4ヶ月経ちますが、少しずつできることも増えてきて、日々成長しておられるのを感じて、とてもうれしく思います。これからつらいこともたくさんあると思いますが、精いっぱい支えていきたいと思うのでよろしくお願いします。 
 
  白石 真里 (境江ひと美 担当)
 プリセプターという役割をすることで間近で新人さんの成長を見ることができ、毎日刺激と喜びを感じることができています。まだまだ未熟者である私も新人さんと一緒に成長できている実感があります。これからも一緒に学び、振り返り、笑い合えればと思っています。
 
 森 優子 (芥川瑞季 担当)
  はじめは不安と期待でいっぱいだったと思います。少しずつ病棟に慣れ、できることが増えた半面、これでいいのかなと思うこともたくさん出てきたと思います。日々の努力が気づきや成長に必ず繋がります。新人さんと一緒に働くことで私自身も改めて学ぶ事がたくさんあります。これからも笑顔で一緒に成長出来たらいいなと考えています。
 

病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら