放射線室



  FPD搭載Revolution XR/d
  CRシステム
  乳房X線撮影装置(マンモグラフィー)
  X線TV装置
  マルチスライスCT
     

<一般撮影室>

以下に御紹介する各モダリティを、放射線技師2名で対応させていただいています。


当院の画像診断はフィルムレスで運用しており、デジタル化された画像データは全てPACS(画像情報システム)サーバにて保管され、各診察室や病棟を始めとする院内のネットワークで閲覧が可能となっています。また、CT検査の診断については外部機関(遠隔読影サービス)と連携し、患者様により良い医療を提供できるよう努めています。

  このページのtopへ

<FPD搭載Revolution XR/d>

フラットパネルディテクタ(FPD)はスクリーン-フィルム系に代わる最新のX線検出器で、高い検出量子効率と広いダイナミックレンジにより優れた画像が得られる装置です。またX線エネルギーを直接デジタル変換し、フィルムなどの入れ替えなしでそのまま画像データを送信するので、撮影から画像出力までの時間が大幅に短縮されています。さらに従来のシステムより少ない線量で撮影できるため、患者様の被曝も低減しています。

fpd1
fpd2
  このページのtopへ

<CRシステム>

 
CR

病棟でのポータブル撮影や、整形領域の撮影、臥位での撮影等はCRシステムで画像化します。これはイメージングプレート(IP)という特殊な板にX線エネルギーを貯め、専用の読取装置で読み取ることによってコンピュータで情報を画像化するシステムです。当院のシステムは高精細な画像読み取り(50μm)に対応しているため、解像度の高いマンモグラフィ画像を得ることができます。

  このページのtopへ

<乳房X線撮影装置・マンモグラフィー>

乳房X線撮影(マンモグラフィ)は触診で発見できない非触知乳がんを検出できる有力な手段です。乳房を挟む感じでやや強めに圧迫しながら行い、腫瘤陰影と石灰化陰影の性状で良悪性を診断します。撮影はNPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定技師が担当します。

  このページのtopへ
<骨密度測定装置>  
kotumitudo
骨密度測定装置 GEヘルスケア

踵の骨に超音波を通し、骨の密度を測定する事で骨粗しょう症などの診断に用います。検査は簡便で数分で終わり、結果もすぐに分かります。骨年齢が気になる方は、主治医にご相談下さい。

  このページのtopへ
   
<X線TV装置>  

デジタルXTVシステム  ZEXIRA   東芝メディカルシステムズ

平成26年4月よりFPD搭載のデジタルXTVシステムが導入されました。胃透視や注腸透視などの消化管造影撮影を始め、気管支や膵胆管など内視鏡を用いながら透視造影撮影を行い、必要に応じて治療も行っています。高い安定性と高解像度の画質に加え、血管造影においてはデジタル処理によりサブトラクション画像(骨を除去し、血管のみが描出された画像)が得られるため、病変との識別が容易になり、診療に大きく貢献しています。

dr2
dr1
  このページのtopへ

<マルチスライスCT>

マルチスライスCT Aquilion PRIME 東芝メディカルシステムズ

平成263月よりマルチスライスCT80列)が導入されました。これまで当院で使用していたCT装置より格段に性能が上がったおかげで、より高速で高精細な画像情報が得られるようになりました。この装置はAIDR 3Dという被ばく低減技術を搭載しているため、従来に比べ低線量で高画質な画像を得ることができ、またこれらの画像データはワークステーションという高性能なコンピュータで処理することで、立体的な3次元画像を構築したり、血管の狭窄率や内臓脂肪の測定を可能にするなど、定量的な解析を行うことができます。

今回の装置更新にあたり、新たに冠動脈CTと大腸CTの2つのCT検査に対応することができるようになりました。
ct1
ct2
このページのtopへ
 
 
氏名役職
みやした たけし
宮下 武史
  診療放射線室 室長
他1名
 
 

病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら