医療機器管理室

医療機器管理室

医療機器管理室では、臨床工学技士が患者様に使用する医療機器を機器管理システム(購入・定期点検・日常点検・終業点検・廃棄)を用いて、安全且つ効率的に運用を行っています。

臨床工学技士とは
CE2

臨床工学技士は、医師の指示のもとに『生命維持管理装置』の操作や保守点検の行うことを業務とし、医師・看護師・コメディカルスタッフ(薬剤師・臨床検査技師・放射線技師など)との緊密な連携を図り、患者様に安全な医療を提供しています。

生命維持管理装置とは、人の呼吸、循環、代謝といった、生命の維持に直接つながる機能を代行したり、補助したりする装置をいいます。

 
業務内容

血液浄化業務
透析液の濃度管理、透析装置の管理、ダイアライザーなどの消耗品の管理、患者様への穿刺などを行っています。
その他、持続血液濾過透析・腹水濃縮療法・血液吸着療法なども行っています。 

医療機器管理業務

外来・病棟で使用される医療機器(人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプなど)を中央管理し、安全・適正に使用できるよう、保守・点検に努めています。


呼吸療法業務

人工呼吸器を装着した患者様の機器の動作、設定確認や回路交換及び人工呼吸器セッティング等を行い、患者様に安全に使用できるよう努めています


手術室業務

麻酔器、電気メス、超音波メス、内視鏡の保守・点検を行い、安全に使用できるよう努めています。


その他の業務

CPAP管理業務・ペースメーカ管理業務など


医療機器の教育

新人看護師・中途採用看護師・院内スタッフ向けの教育活動を行っています。


CE1 CE3
 

スタッフ紹介


氏名役職
まえだ なおき
前田 直樹 
主任臨床工学技士
他 臨床工学技士:2名
病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら