薬剤室

 
 当院では、院外処方箋発行率がほぼ100%(職員を除く)で、外来の患者様の調剤は保険薬局に依頼しています。院内の薬剤師は、調剤をしない代わりに疑義照会や連絡の窓口となり、スムーズに処方や調剤が行われるよう尽力しています。
 業務の中心は、外来調剤がないということで入院患者様にあります。私たちの姿勢は、「薬剤師として病棟に出向いて仕事をするのではなく、病棟の1スタッフとしてするべき仕事をする」ということです。従来看護師が行ってきた業務の中には、薬剤師が行ったほうがより専門性を発揮でき、かつトラブル発生のリスクが少なくなると考えられるものがあります。
 そういった業務を請け負ったり、薬の専門家としての視点から患者様に接し、必要な情報や専門家としての知識を医師や看護師など他職種にフィードバックして「チーム医療」の一端をになう努力をしています。
 近年、医療情勢の変化に伴い、薬剤師の業務は多様化してきています。そんな中で、真に必要とされるスタッフであるために、日々研鑚を重ね業務改善に取り組んでいます。
 
 
 
 【外来業務】
 ・ 疑義照会、連絡窓口
 一元管理することで疑義照会の内容を分析し、問題点の把握・改善に努めています。

 ・ 注射薬管理
 
 【入院業務】
 ・ 内服薬、外用薬調剤

 ・ 注射薬個人別払い出し

 ・ 全患者薬歴管理
 入院患者様全員の薬歴を作成することで、他院よりの持ち込み薬を含めた重複薬のチェック・処方もれチェック・相互作用チェックなどを行っています。

 ・ 服薬指導
 ベッドサイドに出向きます。処方内容を説明することを起点とし、服用習慣をつけるお手伝いをしたり、副作用の発現の有無や薬の効果を観察したり、患者様の疑問に答えたりしています。
 服用習慣においては、患者様の理解度に応じて1回分を一つにまとめたり、写真のような薬箱を利用したり、薬袋に工夫を加えたり、目の見えにくい人には薬袋表示を大きくしたり、さまざまな工夫を加えています。退院後自分でまちがえずに薬を服用するためには、入院中に訓練することも必要です。

 ・ 与薬車管理

 自己管理が出来ない患者様は、看護師が1回分ずつ与薬します。症状に応じて変更されていく薬を与薬しやすい様、1回分ずつを整理し1週間分セットして払い出しています。

 
 【医薬品管理】
 ・ 院内配置薬 : 品質、期限管理

 適正な温度で保管されているか、期限は切れていないかなど、定期的に院内を巡回してチェックしています。

 ・ 購入、保管、管理
 購入や在庫管理はコンピューターを利用しています。

 ・ 麻薬管理
 より厳重な管理に努めています。

 ・ 血液製剤:発注・保管・管理
 献血による貴重な製剤です。無駄にしないよう、保管・管理に気を使っています。使用記録は、20年間保管の義務があります。

 
 【医薬品情報】
 ・ 情報収集・整理・保管・提供
 情報は複雑多岐にわたります。必要な情報を収集し、分析し、正確な情報を適宜引き出せる様に整理しています。

 ・ 院内医薬品集発行(年1回)
 年1回の改定をベースに、年数回の薬剤審議毎に追補版を発行しています。

 ・ DI(医薬品情報)ニュース発行
 採用薬品・中止薬品の情報や、デッドストック情報、緊急情報など、必要な情報を随時盛り込んで発行しています。
 

 【薬事委員会】
 ・ 資料収集・整理
 新規採用・採用中止などを決定するために必要な判断材料を提供しています。

 
 
 
氏名役職
やすくに めぐみ
安国 恵
  薬剤室室長
他3名
 
 
 
 
 クリーンベンチとは、作業空間を無菌状態に保つ作業台のことです。フィルターでろ過した空気を作業空間に供給し、内部を陽圧に保つことで外気の流入を防ぎます。
 薬剤室では、平成20年1月よりクリーンベンチを利用し、高カロリー栄養輸液の混合調剤を開始しました。無菌的調剤と同時に、調剤時の工夫により着色・沈殿などの配合変化を防いだり、含量低下する薬剤の配合チェックも行うことで、より高品質の栄養輸液を提供できるようになりました。
   

病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら