menu

診療科・部門案内

放射線室

放射線室の紹介

放射線室では、一般撮影やCT検査などの画像診断を始め、骨塩定量測定、X線透視装置を用いた処置・造影検査、その他PACS(画像情報システム)の管理などを行っています。

理念・概要

【理念】
 ・私たちは、チーム医療の一員として行動します。
 ・私たちは、専門分野の責任をまっとうします。
 ・私たちは、患者様の利益のために、常に学習します。

【概要】
 ・スタッフ人数:2名

設備紹介

一般撮影室

胸部や腹部、整形領域における一般撮影のほか、マンモグラフィ、超音波を用いた骨塩定量の測定を行っています。

X線TV室

X線を連続的に放射(出力)して人体を透視しながら併せて撮影を行うことで、バリウムや空気を用いた胃や腸の消化管撮影を始め、カテーテルを用いた様々な処置や血管造影などの画像診断を行っています。

CT室

CT検査は、X線を照射しながらX線管球と放射線検出器が体軸を中心にして回転し、二次元の横断画像(輪切り写真)が得られる検査です。1回転で数十枚の画像が得られるため、短時間で全身を精査することができ、得られた画像データを再構成することで三次元画像の作成も容易に行えます。

機器紹介

[X線発生装置] RAD Speed Pro (SHIMADU)
[FPD] FUJIFILM DR CALNEO HC (FUJIFILM)
[CR] FCR PROFECT CS PLUS/Console Advance (FUJIFILM)
[ポータブル撮影装置] Mobile Art MUX-100J(SHIMADU)
[外科用イメージ]DHF-105CX (HITACHI) Sirius Floating
[乳房撮影装置] MGU-100B (Canon)
[X線TV] ZEXIRA DREX-ZX80 (Canon)
[CT] Aquilion PRIME (Canon)
[ワークステーション] ZIO station 2 plus (ziosoft)
[骨密度測定装置] Achilles Express (GE)
[PACS] PAXIS (KISSEI COMTEC)