病院長の挨拶

広島市医師会運営・安芸市民病院  院 長   三 好  信 和

 

院長

 広島市医師会運営・安芸市民病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院は広島市の東部、JR山陽本線安芸中野駅から約1km入った安芸区畑賀町にあります。歴史的には平成13年に旧国立療養所・畑賀病院が広島市に移管され、広島市医師会が運営を委託された公設民営の病院で、内科、外科、小児科、緩和医療、透析、リハビリを中心に、“地域に密着した医療”と市内の基幹病院の後方支援を行ってまいりました。特に緩和医療、地域医療(地域支援や入院透析)では高い評価を得ています。

私は病院長に就任し6年目になりますが、平成27年度までに病院機能はハード、ソフト両面で整備されてきたと思います。具体的には5床の“外来がん化学療法室”とそれに伴う検体・生理検査室の整備、最新のエコー・内視鏡システムの増設、心臓や大腸CTも可能にした80CT装置の導入や透析装置の全面更新などです。また小児腎臓病や生活習慣病対策として糖尿病、静脈瘤、不整脈、肛門病、禁煙、喘息、睡眠時無呼吸等の専門外来が動いており、わざわざ広島市内に行かなくてもより専門的に病気が相談できるようになってきました。さらに健康になんとなく不安を抱える方や担当医の指示をより詳細に実行するための看護相談外来等を設けていますのでぜひご利用ください。平成26年には最も新しい病院機能評価の新バージョンの更新審査を受け合格し、平成27年4月より一般病棟内に12床の地域包括ケア病床を立ち上げ稼働しています。入院棟は耐震性に問題のある古い病棟なのですが28年度に広島市から建物自体の「新築調査費」が付きましたので新築は近いと考えています。

平成28年度からの診療体制は、この41日付をもって副院長に外科系診療部長の藤本三喜夫医師、診療部長に内科系診療部長の吉川一紀医師が昇格し、広島大学から新進気鋭の3名の医師が交代しました。陣容については常勤医師10名(内科医5名、外科医3名、透析医1名、緩和ケア医1名)、常勤的非常勤の小児科医2名で合計12名です。また専門外来担当医として週15名の先生方に来ていただいています(診療分担に関しては外来診察表をご覧ください)。

当院は今まで地域医療を中心に、明るく活気に満ち、人の集まるマグネット病院になるよう努力してまいりました。一方最近では人口構成における少子高齢化のピークである2025年を見据え、地域包括ケア体制(地域全体で地域の高齢者を介護支援する体制)の推進が叫ばれています。今後当院も治療だけでなく地域支援のためにどのように変身できるか考えているところです。皆様のご意見を歓迎いたします。いずれにいたしましても医療・看護・介護の原点は患者さん一人一人がいる現場です、私たちは患者さんにとって“この病院で治療してよかった“と言われる様、また職員には“この病院で働いて誇りに思う”と思われるよう努めます。

今後とも地域の皆様方により充実した医療や情報を提供していく所存です。引き続きご協力ご支援をお願いいたします。

 

 
平成28年5月


 
病院概要
外来担当表はこちら

お見舞いメール

交通アクセスはこちら